2017年からの株トレード生活

2018年3000万円達成、2019年上半期1億円達成、2020年上期3億円達成

腸内細菌を味方につける30の方法

  • 納豆は腸内フローラの活動力を高める働きがある。腸にいる日和見菌の多くは、土壌菌であり、納豆はその仲間なので。
  • 老化とは活性酸素によって体内が酸化していくことであり、これを軽減するのは、水素。腸内細菌は水素を発生させる。
  • 肥満になる人はフィルミクテクス門が増えいている。フィルミテクス門は、真っ白な主食や砂糖たっぷりの食品、油脂でギトギトの肉料理や揚げ物を食べると増える
  • 小麦粉のグルテン、牛乳はアレルギー反応起こしやすい
  • 腸内環境の改善に、酢タマネギ、野菜、海藻、大豆、発酵食品がいい
  • 腸内細菌の大好物である水溶性食物繊維は、ワカメ、昆布、もずく、めかぶ、ごぼう、キャベツ、オクラ、モロヘイヤ、かぼちゃ、納豆やキノコ、アボガド、バナナ、こんにゃく
  • 一口30回を目安にゆっくり噛んで食べるようにすると、唾液の分泌量が増え、腸内での消化の負担も軽減でき、酵素の分泌量を増やせるようになる。
  • 白い炭水化物、砂糖、ブドウ糖は脳細胞を傷つけ、食欲コントロールに支障を与える。腸にも負担あり
  • キノコ、海藻、ニンニクは毎日食べる