プロトタイプ

このブログは下書き用です。

買うときは十分な条件で待つこと

ようやく、資産の10%のプラスになった。

しかし、まだまだ買い方が雑であった。

余程の初動でこの先の材料があるならまだしも、

暴騰株の下げトレンドのところで自分なりの基準はあったもののの、上がり調子でもう底打ったかな?と勝手解釈して、やや不本意な条件で買ったところ、

後場でまだまだ下がるとかある。

今だから怪我せず済んでいるけど。

ということで、とにかく待つ。待ってダメなら他に行く。

他にいいものはいくらでもあるのだ。

 

それからなんとなく置いている銘柄。前の急騰時の数字を超えないとと思っていながらそのままずるずるいっていて、そういえば何かあるんだっけ?みたいなことがあった。

 

一つ一つもっと明確な判断基準を持って買い、売りしていきたい。