プロトタイプ

このブログは下書き用です。

なまけ者のさとり方 第8章 変化のプロセス

  • 完全に拡張した状態は、超意識、充実感、自由、愛、エクスタシー、迷いのない状態、安定、すべてを知っているという感覚、一体感
  • 低いバイブレーションに陥れようとする人にたいしては、決してさからわずに愛を相手に送り続ける、無抵抗だとさとると相手はバイブレーションを上げてくる
  • 高いレベルの存在と触れ合うと、最初は圧倒され、追い詰められたように感じ、恐怖に襲われるでしょう。しかし起こっている事にさからうのをやめ、愛を拡げ、高いレベルの存在のバイブレーションレベルまで昇って行けば、それもなくなる。
  • 何かをひどく恐れているとき、あなたのさとりへの鍵がある場合が多い。その俺は執着の強さを示しているかもしれない。執着と抵抗は異なった現れ方であり、意識をそらすことのよって、それに抵抗していると恐怖を味わい、既にあまりにも用心深く、自分を守り過ぎているサインに他ならない。
  • 私は無である。私は空である。私は寂である。私は他者のバイブレーションにさからいません。私は他者のバイブレーションの変化にさからいません。
  • さからないこと、これがこの世の苦痛を解き放つ方法であり、より高い霊的なさとりへと導いてくれる