読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまけ者のさとり方 第2章 ママ、僕、わかっちゃった!

  • 貴方がこれから体験する事柄は、すべてあなたの内部にある
  • いつでも自分の内側なのでさとりに到達できる
  • 急ぐ必要はない。あなたは安全で心地よいスピードで、自分の意識をひろげていけばよい。ここはあなたの家庭であり、みんな宇宙という家族の一員である
  • 大部分の人は少しずつ段階的に意識を拡げていく、らせん状に上昇していく
  • スペースであるというのは、すべてのことを十分に意識しようと、すっかりオープンになって準備のできている状態の事、つまり、完全に抵抗を辞め、いかなる思考も物も出来事も拒否しないということ
  • 他からコントロールされていると感じるのは、貴方が自分を塊の状態にしているからであり、あなたが自分の意識を縮こませているから
  • 他者を愛する事をやめると、私たちは物質の世界に囚われ、次第に固まりになる。反対に人々に心を開き、すべて存在するものを愛していけば、世界は柔軟で住みやすいところになる
  • さとりとは、現在の私達の意識の限界を少しでも広げる体験の事である。
  • 全体的であるということは、あらゆるものを受け入れるという事であり、それはポジティブとネガティブ両方を受け入れることであり、その裏側の罪と共に生き、その責任を受け入れてゆくこと。それを拒否するとかたまりになる。